配筋検査が終了しました

コンクリート基礎

鉄筋の上に、綺麗にコンクリートが塗られました。
私が見た時には、職人さん達が帰った後でしたので、「どれぐらいかたまっているかなぁ~」を思いつつ、タプタプ触ってみたかったのですがw 指の跡とか残念な事になってしまいそうなのでやめました。

さて、このコンクリートを敷き詰める前に、行われたコトがあります。

「配筋検査」

配筋検査とは、鉄筋コンクリート造建物の工事において、鉄筋が正しく配置されているかどうかを確認する検査のことです。
配筋とは、鉄筋コンクリート造の建物における鉄筋の配置のことで、柱・梁・壁・スラブ・基礎など、それぞれの鉄筋の配置と、寸法・数量・種別などを示した図面を「配筋図」といいます。
また、コンクリートを打ち込む前に、この配筋図に基づいて正しく鉄筋が配置されているかを設計監理者がチェックすることを「配筋検査」といいます。
どちらも、建物の耐久性や強度に直接影響するため、重要な検査といえます。(HOME’s不動産売買より引用)

が、行われました。立ち会わなかったのですが、どうやら、施工した職人でも、設計監修者でも、工務店でもない 第三者機関がきっちりと調査をして OK を頂いたようです。

賃貸物件は持ち家と違って、建てている途中を住む人が確認することが出来ませんので、代わりにオーナーがシッカリ確認したいと思います。

デザイナーズ物件ですが、安全・安心は間違いなくあって、そこに「お洒落感」をプラスしたいと思います。